関数情報の表示

Note

本機能は、SOLID-1.3.0 以降で使用できます。

概要

関数情報の表示を実行することで、関数毎のスタックサイズ、関数のサイズ等を確認することができます。

使い方

ソリューション構成

関数情報の表示機能を使用するには、clangを使用する必要があります。 あらかじめソリューション構成を変更しておいてください。

../_images/funcinfo-prepare-build.png

関数情報の表示の実行

[ビルド] メニュー の [関数情報の表示] をクリックします。
../_images/funcinfo-show-funcinfo.png

ウィンドウ上部に 関数の一覧 が表示されます。 関数の一覧 から関数を選択すると、ウィンドウ下部に 呼び出し元/呼び出し先 が表示されます。 呼び出し元/呼び出し先 で関数をダブルクリックすると、現在の関数を変更できます。

../_images/funcinfo-view.png

ヒント

呼び出し元/呼び出し先 でオレンジ色のラインで表示されているものは、現在の関数からみて最もスタックが使用されている呼び出しです。現在の関数からみた場合なので、関数呼び出し全体では異なる場合があります。

最大スタックサイズの予測

現在の関数からの最大スタックサイズを予測します。

関数の一覧 または 呼び出し元/呼び出し先 から関数を右クリックし、 この関数以下の最大スタックサイズの予測 をクリックします。

ウィンドウ下部に、スタックが最も使用される関数呼び出しの予測と、最大スタックサイズの予測が表示されます。

../_images/funcinfo-maxstacksize.png