SOLID独自の型

SOLID-OSでは、以下の独自の型およびエラーコードを使用します。

エラーコード

SOLID_ERR_OK
SOLID_ERR_PAR
SOLID_ERR_MACV
SOLID_ERR_NOMEM
SOLID_ERR_NORES
SOLID_ERR_NOTFOUND
SOLID_ERR_NOTSUPPORTED
SOLID_ERR_EBADF
SOLID_ERR_NOTUSED
SOLID_ERR_ALREADYUSED
SOLID_ERR_OUTOFBOUND
SOLID_ERR_BADSEQUENCE
SOLID_ERR_UNKNOWNDEVICE
SOLID_ERR_BUSY
SOLID_ERR_TIMEOUT
SOLID_ERR_INVALIDACCESS

定数

名前 説明
SOLID_ERR_OK 0 正常終了
SOLID_ERR_PAR -17 パラメータエラー
SOLID_ERR_MACV -26 メモリアクセス違反
SOLID_ERR_NOMEM -33 メモリ不足
SOLID_ERR_NORES -35 リソース不足
SOLID_ERR_NOTFOUND -1000 操作対象が見つからない
SOLID_ERR_NOTSUPPORTED -1001 対象の環境では非サポート
SOLID_ERR_EBADF -1002 書き込み/読み込み属性と要求が不整合
SOLID_ERR_INVALIDCONTENT -1003 データ構造が想定通りでない、壊れている
SOLID_ERR_NOTUSED -1004 操作する対象は使われていない(無効である)
SOLID_ERR_ALREADYUSED -1005 (確保しようとしたものは)既に使用中である
SOLID_ERR_OUTOFBOUND -1006 (引数が大きすぎる/小さすぎるため)範囲外をアクセスしようとした
SOLID_ERR_BADSEQUENCE -1007 処理中のシーケンスで異常が発生した
SOLID_ERR_UNKNOWNDEVICE -1008 不明なデバイスである
SOLID_ERR_BUSY -1009 (前の作業がまだ実行中のため)ビジー中 (後で再度試せば成功する可能性がある)
SOLID_ERR_TIMEOUT -1010 処理がタイムアウトした。(処理は失敗している可能性が高い)
SOLID_ERR_INVALIDACCESS -1011 アクセス方法に不整合がある

SOLID_ADDRESS

typedef unsigned long SOLID_ADDRESS

説明

SOLIDで使用する論理アドレスの型

定義

typedef unsigned long SOLID_ADDRESS;

SOLID_PHYADDRESS

typedef unsigned long SOLID_PHYADDRESS

説明

SOLIDで使用する物理アドレスの型

定義

typedef unsigned long SOLID_PHYADDRESS;