ミューテックス

API

ミューテックス関連のAPIの定義は、 solid_mutex.h にあります。

#include "solid_mutex.h"

SOLID_MUTEX_DisInt

void SOLID_MUTEX_DisInt(void)

IRQ割り込みを禁止します。

SOLID_MUTEX_EnaInt

void SOLID_MUTEX_EnaInt(void)

IRQ割り込みを許可します。

SOLID_MUTEX_PushInt

SOLID_REGISTER SOLID_MUTEX_PushInt(void)

IRQ割り込みを禁止にします。

この関数は割り込み禁止の処理のネストを許可するため、現在の状態を返り値として 戻します。 SOLID_MUTEX_PopInt() と対にして使用してください。

戻り値

現在の状態(CPSR(AARCH32),PSTATE(AARCH64))

SOLID_MUTEX_PopInt

void SOLID_MUTEX_PopInt(SOLID_REGISTER status)

statusが割り込み許可状態だった場合、IRQ割り込みを許可します。

SOLID_MUTEX_PushInt() と対にして使用してください。

パラメータ

status -- SOLID_MUTEX_PushInt() の返り値

SOLID_MUTEX_DisFIQ

void SOLID_MUTEX_DisFIQ(void)

FIQ割り込みを禁止します。

SOLID_MUTEX_EnaFIQ

void SOLID_MUTEX_EnaFIQ(void)

FIQ割り込みを許可します。

SOLID_CRITICALSECTION_T

typedef struct _SOLID_CRITICALSECTION_T SOLID_CRITICALSECTION_T

説明

クリティカルセクション用構造体

定義

typedef struct _SOLID_CRITICALSECTION_T {
  uint32_t lock;
  uint32_t count;
  SOLID_REGISTER status;
  void        *reserved;
} SOLID_CRITICALSECTION_T;

メンバー

lock

コアサービス内で使用: 占有CPU(SMP時のみ)

count

コアサービス内で使用: ネスト回数(SMP時のみ)

status

コアサービス内で使用: ロック時の状態(CPSR)

reserved

コアサービス内で使用: 予約領域

SOLID_InitializeCriticalSection

int SOLID_InitializeCriticalSection(SOLID_CRITICALSECTION_T *t)

クリティカルセクション用変数を初期化します。

パラメータ

t -- 初期化する変数へのアドレス

戻り値

SOLID_EnterCriticalSection

int SOLID_EnterCriticalSection(SOLID_CRITICALSECTION_T *t)

クリティカルセクションに入ります。

他のコンテキストがクリティカルセクションに入っている場合、開放されるまで 待ち状態になります。

排他制御が必要な処理が終了したら、すぐに SOLID_LeaveCriticalSection() を呼んで クリティカルセクションを開放してください。

パラメータ

t -- クリティカルセクション用変数へのアドレス

戻り値

  • SOLID_ERR_OK: クリティカルセクションに入った。

  • それ以外: エラー

SOLID_TryEnterCriticalSection

int SOLID_TryEnterCriticalSection(SOLID_CRITICALSECTION_T *t)

クリティカルセクションに入ります。

他のコンテキストがクリティカルセクションに入っている場合、クリティカルセクション に入らず即時戻ります。

排他制御が必要な処理が終了したら、すぐに SOLID_LeaveCriticalSection() を呼んで クリティカルセクションを開放してください。

パラメータ

t -- クリティカルセクション用変数へのアドレス

戻り値

  • SOLID_ERR_OK: クリティカルセクションに入った。

  • SOLID_ERR_BUSY: 他のコンテキストがクリティカルセクションに入っている。

  • それ以外: エラー

SOLID_LeaveCriticalSection

int SOLID_LeaveCriticalSection(SOLID_CRITICALSECTION_T *t)

クリティカルセクションを開放します。

パラメータ

t -- クリティカルセクション用変数へのアドレス

戻り値

  • SOLID_ERR_OK: クリティカルセクションを開放した。

  • SOLID_ERR_NOTUSED: クリティカルセクションに入っていない。

  • それ以外: エラー