トピックス

2018/06/18
6月18日(07:58頃)に大阪府北部で最大震度6弱の 地震が発生しました。
本地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
なお、本地震による当社事業活動への影響はございません。
2018/04/25
SOLID-IDEをver1.1.3.1に更新しました。
2018/04/16
SOLID-IDEをver1.1.3に更新しました。
2018/04/16
“組込み初! 実行時アドレスバグ自動検出機能” の解説を掲載しました。スタックオーバーフローや、配列オーバーランによる不正なアドレスアクセスといった実行時アドレスバグは、SOLIDプラットフォームを使えば「スマートに」自動検出でき、品質向上も図れます。どのようなバグが検出できるのか、またその仕組みまでを詳しく解説しています。
2018/03/05
“APS実験室” 、SOLID Starter Kitを使ったAPS実験室を公開しました。ADコンバータを動かすタスクをRTOS上で動作させるソフトウエアがサンプルプロジェクト形式でダウンロード可能なので、すぐに実験できるコンテンツとなっています。
2018/02/28
SOLIDサイトをリニューアルしました。
2018/02/05
“Cortex-A+RTOS編” 、SOLID Starter Kitを使ったAPS初心者講座 全6回の連載が完了しました。第6回のテーマは「ローダーの使い方」です。初心者の方も、そうでない方にもお勧めの講座です。
2018/01/31
“SOLIDインテリジェントローダー” の解説を掲載しました。SOLIDの新兵器である「かしこく」それでいて縁の下の力持ち的なインテリジェントローダーが、組込みソフトウエアの開発スタイルを大きく変えようとしています。インテリジェントローダーの便利な使い方からその仕組みまでを詳しく解説しています。
2018/01/30
ルネサスエレクトロニクス R-INコンソーシアムフォーラム 2018 (2018/01/30開催)の京都マイクロコンピュータ講演資料を公開しました。
“ソフトウエアの信頼性向上を支援する、RTOS統合開発プラットフォームSOLIDのご紹介”

過去のトピックス

イベント

2018/07/27APS SUMMIT “失敗しないOSソリューション導入編” にて講演・展示を行います

APS SUMMIT “失敗しないOSソリューション導入編”

にて講演・展示を行います。  

 

■講演内容(講師:辻邦彦)

  • 「MMUとプロテクション機能を積極的に使った、新しいRTOSシステム」

組込み向けプロセッサやSoCの高機能化・高性能化に伴い、組込みソフトウエアの大規模化が進んでいます。RTOSシステム開発を考えるとき、もっとも重要な課題のひとつは実機上のメモリをいかに効率よく、かつ安全に利用するか、という点だといえるでしょう。本講演では、次のような点に着目して当社が提案する課題解決のアプローチをご紹介いたします。
【安全に】CPUが持つプロテクション機能を利用して、メモリを安全に使うことの重要性
【効率よく】メモリの安全性を担保したうえで効率よく使用できる、新しいローディングシステムの提案
【自在に】 MMUを自在に使いこなす道具として、OSまで一体化した開発環境SOLID
また、RTOS開発プラットフォームSOLIDとLinuxの関係についてもご紹介いたします。

 

■開催日時・場所 2018年7月27日(金)13:30-17:30 関内新井ホール(横浜市)

■参加費用:無料

■定員:70名

 

詳細・お申込はこちらから(インスケイプ社のウェブサイトにジャンプします)

2018/07/25【参加無料!】 RTOSシステム開発セミナー を開催します

RTOSシステム開発セミナー ~ Cortex-AプロセッサとRTOSが融合した、安全で便利な開発手法~

開発環境プラットフォームSOLIDを使ったRTOSシステム開発セミナーを開催します。 実際の開発現場で経験したバグを解析するアプローチを通して、ユーザーの皆様のソフトウェアデバッグでのお困り事をスッキリ解決していきます。ふるってご参加ください。

■受講をお勧めしたい方

  • RZ/A1HなどのCortex-Aプロセッサ搭載システム開発を検討されている方
  • リアルタイムOS搭載システムのソフトウェア開発を検討されている方
■セミナー内容
  • Arm Cortex-A プロセッサの特徴を知る
    –  SOLID概要
    – Cortex-A プロセッサの特徴
    – Cortex-A プロセッサに最適化した開発プラットフォームSOLID
  • RTOSシステムの開発手法の「勘どころ」を学ぶ
    – RTOSシステム全体の基本設計のポイント
    – RTOSで使えるインテリジェントローダー
    – Cortex-A のMMUを自在に使う
  • SOLIDを使って、スマートなバグ解析手法を学ぶ 不具合症状に適したデバッグ機能を使い、講師がデバッグのアプローチを実演します。
    (静的解析、スタックフェンス、アドレスサニタイザ、カバレッジ機能 など)
  • 質疑コーナー 当社のエンジニアが、皆様の開発・デバッグに関するご質問にお答えします。座学の場での質問以外に、個別のご相談もお受けします。
  • 実機デモ 様々な開発シーンを想定した実機を複数ご用意して、開発・デバッグアプローチをご覧いただきます。

■開催日時・場所 2018年7月25日(水)13:00-17:00 TKP新橋カンファレンスセンター(新橋駅から徒歩4分 アクセス

■参加費用:無料

■募集人数:30名

お申込みフォームはこちらから
本セミナーは、ハンズオンセミナーではございません
2018/06/20ご来場ありがとうございました
お詫び:RTOSシステム開発セミナー開催日を変更いたします
2018/6/20(水)開催予定とご案内しておりました RTOSシステム開発セミナー は、7/25(水)に開催日を変更いたしました。お申込みならびに参加ご検討をされていた皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
2018/06/15ご来場ありがとうございました
TOPPERSカンファレンスにて講演・展示を行います

第15回 TOPPERSカンファレンス 「さらに深化する組込みシステム 〜開発しやすいRTOSを目指して」

にて講演・展示を行います。  

 

■講演内容(講師:辻邦彦)

  • 「大規模ソフトウェアをRTOSベースで効率よく開発する採用事例紹介」

概要: 近年、イメージングシステムなどではRTOSベースのソフトウェアにおいても大規模化、複雑化の傾向がますます高くなってきています。膨大なタスクをかかえた数百メガバイト規模のリアルタイム制御系ソフトウェアを開発するには、システム全体を見渡せる整然としたメモリ管理方式と、効率の良いデバッグシステムの利用が必須です。本講では、当社の開発環境SOLIDを利用して開発された大規模ソフトウェアの採用事例をご紹介いたします。

 

■開催日時・場所 2018年6月15日(金)10:00-20:00 大田区産業プラザ(PiO)

■参加費用:会員 無料、非会員 5,000円、学生 2,000円

■定員:170名

 

詳細・お申込はこちらから

2018/02/21ご来場ありがとうございました
SOLIDハンズオンセミナー(大阪・無償)をルネサス エレクトロニクスにて開催します。
「ITRON以上、Linux未満! 組み込みOS開発の新提案、京都マイコンSOLID体験セミナー RZ/A1H編」
セミナー内容はこちらです。
(ルネサスエレクトロニクスのウェブサイトにジャンプします)
2018/02/15ご来場ありがとうございました
SOLIDハンズオンセミナー(東京追加開催・無償)をルネサス エレクトロニクスにて開催します。
「ITRON以上、Linux未満! 組み込みOS開発の新提案、京都マイコンSOLID体験セミナー RZ/A1H編」
セミナー内容はこちらです。
(ルネサスエレクトロニクスのウェブサイトにジャンプします)
2018/02/14ご来場ありがとうございました
SOLIDハンズオンセミナー(東京・無償)をルネサス エレクトロニクスにて開催します。
「ITRON以上、Linux未満! 組み込みOS開発の新提案、京都マイコンSOLID体験セミナー RZ/A1H編」 セミナー内容はこちらです。 (ルネサスエレクトロニクスのウェブサイトにジャンプします)

終了したイベント