SOLID概要


RTOSと先進のClangコンパイラを一体化した開発プラットフォーム

ソフトウェアプラットフォームSOLIDは、ARM®プロセッサで動作するリアルタイムOSであるSOLID-OSと、Windows®パソコン上で動作する統合開発環境SOLID-IDEから構成されます。


一体化することでツールは劇的に「かしこく」「スマート」になる

IDEとRTOSの一体化で便利になること

SOLIDプラットフォームでは、SOLID-OSにデバッグ支援用として組み込んだランタイム (エージェントファームエア)を、SOLID-IDEが持つ充実した解析機能と連携させています。このようにIDEとRTOSを一体化することにより、例えばiOSアプリケーションで使われているXcode開発環境のアドレスサニタイザ機能を実現しています。

MMUをRTOSで有効に使う

SOLIDプラットフォームのターゲットはARM Cortex-Aデバイスです。SOLIDプラットフォームではMMU対応のベアメタルローダーを新規開発、ローダーがELFのヘッダを参照し、仮想・物理アドレスのMMUマップを判断し物理空間に効率的にロードします。

enjoy Development エンジニアのために

SOLIDの開発ツールは、エンジニアの方々の開発のしやすさ、を目標に設計しています。そして、開発のしやすさが、エンジニアの方々の開発の楽しさにつながるよう、SOLIDは enjoyDevelopment のコンセプトを実現できるようデザインしております。ぜひ次世代の開発スタイルを体験してください。