SOLID FAQ

FAQ

購入

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

使用環境

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

Starter Kit 用評価ボード

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

IDE

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

ツールチェーン

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

RTOS /ミドルウエア/ドライバ

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

デバッガ

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More

コアサービス

シングルコア向け:TOPPERS/ASP3
マルチコア向け:TOPPERS/FMP、TOPPERS/FMP3(FMP3は SOLID 2.x 以降)
いずれも Arm Cortex-Aプロセッサが対象です。

SOLID-OSであるTOPPERSカーネルは、TOPPERSプロジェクトの活動趣旨に賛同されたうえで、無償で商用利用が可能です。
商用利用された場合は、お客様ご自身でその成果物をTOPPERSプロジェクトの利用報告ページ(TOPPERSプロジェクトのウェブサイトに移動します)に報告してください。

TOPPERSプロジェクトの利用報告をされる際に「開発成果物の選択」の箇所がありますので、こちらではお客様がご使用された
□TOPPERS/ASPカーネル
□TOPPERS/FMPカーネル
のいずれか、または両方を選択してください。

製品名や会社名は非公開の選択も可能です。

なおTOPPERSプロジェクトの利用報告内容に関しては、TOPPERSプロジェクトから当社に情報が通知されることはありません。またお客様から当社へのご報告も不要です。

MMUによるメモリ管理のためのプログラムをユーザーが作成するのではなく、SOLIDがメモリ管理プログラムを自動的に生成・実行するところが、従来のツールと最も異なる点です。

Linuxであれば、仮想アドレスで空間を多重化し、なおかつデマンドページングによって動的にメモリ割り当てを行うといった機能がありますが、RTOSの場合はリアルタイム性(再現性)を重視するので、空間の多重化は使用せず、SOLIDでは単一の大きな仮想アドレス空間にMMUを利用してプログラムを配置しています。
ユーザーによるSoCの構成に合わせた仮想アドレスの設定は、IDE側の簡単な操作をするだけ完了です。あとはSOLIDが自動的に生成するMMU制御プログラムが、RTOSカーネル、コンパイラ、デバッガやローダーなどと連携して動作する仕組みになっています。
また、何か問題が起きた時にプログラムがどうなっているかを確認するための、メモリマップデザイナー(物理空間のメモリ配置を表示する機能)もSOLID-IDEで用意しています。

メモリマップデザイナー

RTOSのタスクやセマフォなどの資源については、kernel_cfg.cを編集する事で変更できます。特に難しい変更は必要なく、資源の数やタスクのエントリなどをテーブルに設定するだけです。また、RTOSの大きな構成(FPU有効無効や資源動的生成ありなし)については、スターターキットでは、プロジェクト作成時のウイザードで、カーネル生成に必要な条件を選択するだけで、カーネル組込み済のプロジェクトが自動的に生成されます。

Load More