システム性能のボトルネックを簡単に評価したい


 簡単に使える性能解析ツール

SOLIDでは、Arm Cortex CPUに搭載されるPMU(Performance Monitoring Unit)を利用した計測機能が利用できます。また、RTOSと連携した性能解析機能も持っています。
さらに、京都マイクロコンピュータの性能解析ツールであるQProbeアナライザー(SOLIDとは別売のオプション)をSOLIDに組み込んで使いやすい形で提供します。解析用のフックルーチンを予めSOLID-OSに組み込んであるので、ユーザーはビルドモードを選ぶだけで容易にアナライザー機能を使う事ができます。

※ スターターキット付属のPARTNER-Jet2では、QProbe連携は使えません。通常版のPARTNER-Jet2 Model20以上が必要です

SOLIDの主な性能解析:

 CPU負荷状況
 キャッシュミス率
 メモリアクセス回数
 タスク別の計測や集計
 関数単位やタスク単位の、実行履歴・比率・分散状況