FAQ

SOLID-IDEのエディタを使ってコーディング作業中に文法エラーがあった場合、SOLID-コンパイラのチェックツールがバックグラウンドでそれを検出し、エディタ画面に表示する便利な機能(Intellisence checker)があります。ビルド操作をしなくてもこの機能は有効です。もちろん、ビルド時にも検出してレポートします。

Category: コンパイラ

SOLIDの静的解析は、プログラムが実行された場合に不具合となり得るコードを検出します。
一方のMISRA-Cルールチェッカは「不具合を起こしやすいコーディングの仕方を避ける」という目的で造られた規格に合致しているかを判定するツールです。プログラムに不具合が無くてもMISRA-Cルールチェッカでエラーになる場合があります。

Category: コンパイラ

静的解析とは、実際にプログラムを実行すること無しに、ソースコードの潜在的な不具合を検出する機能です。
未初期化変数のアクセスや、ゼロ除算などの検出が代表的なものです。

Category: コンパイラ